犬の図鑑>しつけということで、他人にうちのいぬを叩かれました。たまにお散歩で会う、私の父くらいの年 …

犬の図鑑

しつけということで、他人にうちのいぬを叩かれました。たまにお散歩で会う、私の父くらいの年 …

スタンダード・シュナウザー に関するQ&Aを掲載しています。 スタンダード・シュナウザー についての詳しい説明、などは「スタンダード・シュナウザー」をご覧ください。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  

 

2011年10月22日 Q.質問
しつけということで、他人にうちのいぬを叩かれました。たまにお散歩で会う、私の父くらいの年齢の方がいます。その方は、白柴、スタンダードシュナウザースタンダードプードル×2を飼っています。スタンプーは、いつもノーリードでお散歩していてハーフチョークの首輪とリードは手に持っています。以前は犬の関係の仕事をしていたらしく、犬のしつけにに詳しくよくアドバイス頂いていました(こちらが聞かなくても)。今日もお散歩でお会いしました。スタンプー1頭をノーリードでお散歩中でした。うちのわんこは引っ張り癖があるのですが、それを見てしつけ方を教えてくれたのですが(頼んでません)スタンプー用のハーフチョーク首輪とリードをうちのわんこに付けリードが張ったらグイっと引っ張り、それでも抵抗すると首を掴んで、「よくない」と言い、それでも抵抗すると鼻先を叩かれました。私もお散歩中、引っ張られればリードをグイっと引くこともありますし悪いことをすれば叩くこともあります。でも、他人にそんなことをされ納得がいきません。確かにしつけができていないかもしれませんが突然他人に掴まれたり、叩かれたりして、わんこも激しく抵抗していました。その場では何も言えませんでしたがどうう受け止めていいのかわかりません。みなさんはどう思いますか?

 

2011年11月02日 A.回答
親切心でおやりになっていることでしょうけど、そもそも引っ張り癖を止めさせる(リーダーウォークを入れる)のに、そんなことをする必要はありません。質問者の飼い犬が土佐犬やブルマスティフ、ピットブルのような犬種であったり、ショー・ドッッグを飼育しているのなら早急に結果を出す必要がありますが、十分に散歩していて可愛がられている家庭犬なら、成長するにつれ、いつの間にか自然とできるようになっているものです。リーダーウォークがあたかもすごい躾であるかのように誇張する飼育本もありますが、そんな大それたことではありません。また、ボーダーコリーなど、走ってる車に向かって突発的にダッシュする本能がある犬種や、ドーベルマンなどの力が圧倒的に強い警護犬などでなければ、チョークを使う必要もありません。犬との散歩が楽しいと感じられるやり方で散歩をすることが何よりも大切なことです。その躾の入れ方は間違いではありませんが、そうしたやり方での散歩は楽しくないと質問者が感じているのであれば、やはり、その方とは距離を置いた方がよいでしょう。出会ったら、「今日は急いでいるので」などと、やんわりと遠ざけるのがよいと思います。私も教え魔のワン友がいますが、その方に会った時は、「お宅の犬はいつも利口ですね」とおだてつつ、「すいません、ちょっと時間が。また、よろしくお願いします~」といって、足早に通り過ぎ、ほどよい距離感を保っています。前後の状況から、どうしても長話をしなければいけないシチュエーションになったら、自分の犬が話題になることを避け、「毛並みがいいですが、どのようなフードを?」など、先方の犬を話題にしています。叩くなら鼻先、という方法は合っています。ただし、ひっぱたくのではなく、当方の場合はデコピンの要領で、痛みを与えるのではなく、あくまでも犬をはっとさせる効果だけを期待しています。頭や胴体を叩くのは、犬を興奮させるだけなので、避けた方がよいです。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。