犬の図鑑原産国別ドイツ原産の犬の種類 >ロットワイラーとは

犬の名鑑

ロットワイラー

紀元前にローマ人が闘犬や飼育していたモロサスタイプの犬を、牧畜犬として改良されて誕生した。
主に牛の群れを誘導する牧牛犬や、警備犬としても使役されていた。19世紀に入り牧畜の仕事が機械化されると、警備犬としてや、軍用犬、警察犬としても仕事をするようになる。

1870年代になると、ドーベルマンの原種としてその作出に使われた事で知名度が上昇。現在でも作業犬としてや、ペット、ショードッグとして日本をはじめ世界中で多く飼育されている。
時に幼い子供を噛むなどの事件が起きているが、基本的には正しいしつけがなされていれば、自から積極的に人を襲う犬種ではないとされるため、正しいロットワイラーの飼育知識を持つ必要がある犬種である。

性格は基本的には物静かで優しく飼い主家族にも献身的だが、脅かされたり攻撃を受けたと感じる場合はその仕返しとして攻撃的になる場合があるのでしっかりとしつけを行わなければならない。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 ドイツ
犬のサイズ

体高 56~69cm
体重 41~59kg

被毛の色と特徴 黒&茶褐色。
容姿の特徴

・体高よりも体長が少し長く、骨太で筋肉質のがっちり体型。背中と肩幅は広い。
・足と指は長くて太い。
・口吻(マズル)は太めで短く、顎の力は大変強い。
・目は小さく、鼻の穴が大きい。
・耳は垂れ耳で、尻尾は飾り毛の少なく、先端の細い垂れ尾。短く断尾する事もある。
・被毛は粗く直毛で密集して生えている。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、長めの散歩やジョギング、またできるだけ囲いのあるような安全な場所でトレーニングなどを取り入れた運動をさせると良い。
・暑さに弱いので涼しい地域であれば屋外飼育は可能だが、、飼い主とのコミュニケーションが必要な犬なので、屋内で過ごす時間を確保すると良い。
・被毛は、時々ブラッシングしたり、ムダ毛を取り除くなどの手入れで十分。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・肘関節形成不全
・胃捻転
・骨肉種
・てんかん
・白内障
・角膜炎
・眼瞼内反症/外反症
・進行性網膜萎縮症
・皮膚疾患
・心臓疾患

 

ロットワイラーに関するQ&A・クチコミ

ロットワイラーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

他の飼い主さんが、うちの犬に指示。。どうしたらいいのでしょうか? 中型・大型専用ドックランにて。人間・犬大好きのうちの犬、そこにいる飼い主さ …
日本人はなぜ洋犬が好きなのでしょう?
ロットワイラー事件
独身で大型犬を飼う
今日のドッグランは、グレートデーンのオフ会となっていました・・・。
先日、ドッグランでマナーも知らずに行った者です。
大型犬はドッグランに行っちゃダメなのか?
やっぱり嫌なのかな…。
えぇ・・・違うよぉ・・・。。。
大型犬2頭にかまれ、4歳男児が死亡