犬の名鑑

ボクサー

ボクサーは、かつて中央ヨーロッパに生息した「ブレンバイサー」という犬種の中の2種類が原種と考えられている。
「ブレンバイサー」とはドイツ語で「雄牛噛み犬」と言う意味を持ち、その名の通りイノシシやシカ、クマなどの野生動物の狩猟に使役されていた。

1830年代頃、当時ヨーロッパ中で人気を集めていた「ブル・バイティング」というスポーツのため、「ブレンバイサー」にマスティフ系犬種、テリア系犬種、ブルドッグなどを交配させた大型で強い犬が作り出された。しかし、その後ドイツで「ブル・バイティング」が禁止になると、主に食肉業界で家畜を監視する仕事を担うようになる。

その後1895年頃、その犬種の血統を持ったボクサーが誕生。名前の由来は諸説あり、ドイツ語の食肉市場での呼び名を起源としていると考えられている。
ボクサーは警察や軍隊で使役され、1900年までには実用的な犬としてその地位を確立。現在はペットとして、またショードッグとしても定着した人気を誇る。

性格は陽気で活動的で好奇心旺盛。飼い主家族にも大変忠実である。基本的には他の犬とも友好的だが、警戒心に富み頑固で繊細な部分も持ち合わせるので、他の犬には攻撃的になる場合もある。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 ドイツ
犬のサイズ

体高 53~63cm
体重 23~36kg

被毛の色と特徴 フォーン、ブリンドル。
容姿の特徴

・横から見ると正方形で角張っており、全体的に筋肉質でがっちりと引き締まった流線型の体型をしている。
・口吻(マズル)は丸みを帯び、鼻孔が大きい。独特の受け口で、下側の歯が外側になる「反対咬合」。
・被毛は光沢があり短毛。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、長めの散歩やジョギング、またゲームなど遊びを取り入れた運動をさせると良い。
・暑さに弱いので屋内飼育が向いているが、屋内と屋外を自由に行き来できるような環境を整えてあげると良い。
・被毛は時々ブラッシングをして抜け毛を取り除くと良い。

かかりやすい病気

・肥大性心筋症
・股関節形成不全
・胃捻転
・椎間板ヘルニア
・角膜炎
・その他眼疾患
・腎不全
・内分泌系障害
・心臓疾患
・皮膚疾患
・骨肉種

 

ボクサーに関するQ&A・クチコミ

ボクサーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

日本人はなぜ洋犬が好きなのでしょう?
先日夫婦で少々揉め、「一般的」な考えをお聞きしたく投稿させて頂きます。
ドッグランでなぜ小型犬エリアがあるにもかかわらず、フリー(又は大型犬スペース)に入るんでしょうか?
犬を飼うのってそんなに難しいかな?
日本人は流行りもの好き?
犬に毎日ステーキを与えます。大丈夫でしょうか?
小型犬の飼い主さん。大型犬は怖いと感じますか?
土佐犬やドーベルマンは可愛くないのになぜ飼うのですか?
「コーギー」って犬、しっぽがありませんね。
最近は、お年寄りが大きな犬を飼う事が流行っていますか?