犬の図鑑原産国別フランス原産の犬の種類 >フレンチ・ブルドッグとは

犬の名鑑

フレンチ・ブルドッグ

18世紀、当時イギリスのノッティンガムでブルドッグが大変な人気を集めていた。19世紀の半ば頃、その中で特に体が小さいブルドッグが、この地方の多くのレース織物職人たちと共にフランスへ移住。その後、フランスの女性達の間で注目を集め、ブリーダー達により次々持ち込まれるようになるとその人気は徐々に広まり、首都であるパリでも大流行した。

フランスのブリーダー達は「フレンチ・ブルドッグ」という名前を付け、立ち耳(コウモリ耳)の犬を繁殖し始めた。19世紀末頃には特に多くのフレンチ・ブルドッグが上流階級の人々から飼育されるようになった。同じ頃、フランスに滞在していたアメリカ人がこの犬種に注目。数頭をアメリカに持ち帰り本格的に繁殖を開始。その後、ドッグショーに参加するとアメリカでも注目を集めるようになり、現在でも多くの人々に愛されている。

日本国内で最初に紹介されたのは昭和初期。当時はかなりの頭数が飼育されていたが人気は衰退。しかし2000年代に入ってからその人気は急激に復活。近年のフレンチ・ブルドッグの登録数は常に上位に位置しているほど。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 フランス
犬のサイズ

体高 28~33cm
体重 10~13kg

被毛の色と特徴 ・ブリンドル、フォーン、茶褐色、白&ブリンドルなど。
容姿の特徴

・顔から胸にかけてのたるみで出来たしわが最大の特徴。
・骨格が丈夫で筋肉質の体質。幅の広い胴体で、重心は低めでどっしりと構えたような体格。
・頭部は大きめで四角形に近い。
・短い被毛は柔らかく光沢がある。
・耳は立ち耳。
・口吻(マズル)が短く鼻が低いので、体温調節がしにくくよだれやいびきが多い。そのため高温多湿の環境に大変弱い(JALは現在、ブルドッグ/フレンチブルドッグの、航空機への搭乗受け入れを中止している)。

しつけ・飼い方・育て方

・適度な運動は必要だが、長めの散歩や激しい運動を伴った遊びなどはさせない方が良い(特に温かい季節には注意が必要)。
・高温多湿の環境に弱いので、基本的には屋内飼いが向いている。
・被毛は、よだれが多い犬種なので顔のしわの間を拭いてあげるなど、清潔に保つように心がける。

かかりやすい病気

・皮膚疾患
・鼻腔狹窄症
・白内障
・股関節形成不全
・口蓋裂
・眼瞼内反症
・聴覚障害
・膝蓋骨脱臼
・血友病
・神経疾患
・腎疾患

 

フレンチ・ブルドッグに関するQ&A・クチコミ

フレンチ・ブルドッグに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

日本人はなぜ洋犬が好きなのでしょう?
犬を飼っていて面倒くさいな~と思うことはなんですか?
散歩中に人から何気なく言われてムッとしたり、カチンときてしまうことないですか?
日本人は流行りもの好き?
フレンチブルドッグがほしいのですが、高くて手が出せませ~ん。
犬の名前を考えています。
犬の名前を考えてください!
こんにちは。
ペットの犬が噛む→保健所で殺処分なのか
我が家で犬を飼おうと検討中なのですが、犬種に迷っています。