犬の図鑑原産国別イギリス原産の犬の種類 >ブル・マスティフとは

犬の名鑑

ブル・マスティフ

1860年代頃、オールド・イングリッシュ・ブルドッグマスティフを交配し誕生。当初は品種として定着しておらずミックス犬という認識だった。元々はライオンと戦う闘犬として使役されており、ライオンと兎角に戦ったという記録も数多く残されている。

1920年代初頭より、このミックス犬をさらにマスティフと交配させて、誕生した犬同士を繰り返し交配していく「戻し交配」で本格的に繁殖が進み純血種が固定されていった。

主に農場や狩猟場の敷地を警護するガードドッグとして仕事をしていた。当時の被毛の色は夜間でも侵入者に気づかれないよう黒色系のものが多かったが、ドッグショーに登場するようになると、明るい色の系統が主流となっていった。第2次世界大戦中は軍用犬として使役されていたため難を逃れ生き残ることが出来た。戦後は絶滅寸前になった原種犬マスティフを救うために交配に役立てられた。

現在ではペット、ショードッグとして、また作業犬としても未だに活用され、世界的な人気を誇っている。

性格は物静かで温和。飼い主家族に対しても優しく大変忠実である。しかし、他人や他の犬に対しては警戒心が強く、攻撃的になる犬もいる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 イギリス
犬のサイズ

体高 61~69cm
体重 45~59kg

被毛の色と特徴 ・フォーン、イザベラ、グレー、黒、ブリンドルなどの単色。ブラック以外の単色の場合は マズルや顔、耳に黒いマーキングが入る。胸腹部などに白の斑点が入る場合もある。
容姿の特徴

・顔がブルドックで体がマスティフと、バランスよくミックスされた容姿。
・頭部は大きく、皮膚のたるみで深いしわが出現しているのが特徴。首は大きな頭部を支えるために太くなっている。
・胴体は横から見てほぼ正方形に近く筋肉質でがっちりとした体型。体にも皮膚をひっぱると伸びるたるみがある。胸部は広め。
・口吻(マズル)は短く、耳は垂れ耳、尻尾は太く垂れている。
・脚は筋肉質でがっちりとした胴体を支えるために長く太い。
・被毛は硬めのスムースコート。短く密集して生えている。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、適度な長さの散歩や、庭や広場での運動をさせると良い。
・屋内飼育が向いている。大型いぬなので体を十分に休める事のできる寝床を用意してあげる必用がある。
・被毛は時々のブラッシングなどで十分。ただしよだれが多いので、口周りを清潔に保てるよう心がける。

かかりやすい病気

・胃捻転
・股関節形成不全
・肘関節形成不全
・緑内障
・眼瞼内反症
・進行性網膜萎縮症
・内分泌系障害
・皮膚疾患

 

ブル・マスティフに関するQ&A・クチコミ

ブル・マスティフに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

犬を飼っていて、いやな思いをしたことありませんか?
単体で戦い合った場合最強の犬種は何ですか?
犬種の質問
マスティフ <ブル・イングリッシュ・ナポリ> の性格。調べるとしつけ易さなど色々で・・。しつけ易く、子供に優しく、賢い!ランクを付けるならど …
ブルマスティフを飼いたいんですが、なかなかみつかりません。飼っている方はどうやって見つけたのですか?
狼に勝てる犬っていますか?
私の好みに合いそうな犬種はありませんか?
フレンチブルドッグを飼っておフランス ♪なんて気取っているならば
2012年英国ケネルクラブのドッグショーで健康上問題があるとされた犬が数多く失格となったことに関して、国内の血統ではどうなんでしょうか