犬の名鑑

ブル・テリア

原種は18世紀中期頃、イギリスで流行した牛と犬を戦わせる「ブル・バイティング」というスポーツに登場する闘犬を作る目的でホワイト・イングリッシュ・テリア、スタッフォードシャー・ブル・テリア、オールド・イングリッシュ・ブルドッグを交配させて誕生。その後スパニッシュ・ポインター等を交配させ、大型で力強い犬へと改良された。

しかし、1835年に闘犬が廃止された事により、ブリーダー達は犬の容姿のみを重視しながら繁殖を行い、1860年頃、ホワイト・イングリッシュ・テリアとダルメシアンを掛け合わせ、純白のペット品種を誕生させた。これが現在のブルテリアである。その後この犬種はその独特の容姿で「ホワイト・キャバリア(白い騎士)」とも呼ばれ、ドッグ・ショーなどで注目され人気を集めるようになった。
更なる改良が重ねられ、1900年頃スタッフォードシャー・ブル・テリアと交配し、ブル・テリア特有の頭部を発達させ体型がよりスリム化し美しい光沢のある毛色が加わった。大きさはスタンダードとミニチュアとに分類される。

性質は愛想が良く陽気で活動的。非常に知的でもある。頑固で独立心が強い面も持ち合わせる。飼い主家族には大変愛情深く忠誠心をみせるが、他の犬に対しては攻撃的になる傾向も見られる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 イギリス
犬のサイズ

体高 53~56cm
体重 20~29kg

被毛の色と特徴 ・白、白地にブリンドル、ブリンドル単色、赤、黒など。
容姿の特徴

・がっちりとした筋肉質でたくましい体型。
・頭部は細長く口は大きめ。
・耳は立ち耳。
・被毛は粗めで硬く、ツヤのある短毛。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となる。長めの散歩や、できるだけ足場の安全な場所でゲームなど遊びを取り入れた運動をさせると良い。
・基本的には屋内飼育が向いているが、屋内と屋外を自由に行き来できるような環境を整えてあげると良い。
・被毛は時々のブラッシング程度で十分。

かかりやすい病気

・腎臓機能不全
・皮膚疾患
・心臓疾患
・膝蓋骨脱臼
・聴覚障害
・眼疾患

 

ブル・テリアに関するQ&A・クチコミ

ブル・テリアに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

日本人はなぜ洋犬が好きなのでしょう?
犬を飼っていて面倒くさいな~と思うことはなんですか?
日本人は流行りもの好き?
我が家で犬を飼おうと検討中なのですが、犬種に迷っています。
室内で犬を飼おうと思っているのですが、犬種で迷っています。どなたかオススメの犬種を教えてください。
好きな犬の種類について教えて下さい。
あなたが一番可愛いと思う犬種は?
ドックラン。
番犬 代わりにブル・テリアを飼おうと思っていますが。 番犬としてどうなんですか? 問題ありますか?
「初心者向け」「上級者向け」はどの範囲まで?