犬の名鑑

ブルドッグ

たるみで出来たしわとしかめ面のユニークなルックスで知られるブルドッグ
その起源は18世紀頃のイギリス。当時、牛と犬を戦わせる「ブル・バイティング」というスポーツが誕生し、ブルドッグは一度噛み付いたら何があっても絶対に放さない力で、牛に対抗できる犬としてこの「ブル・バイティング」のため開発された。ブル・バイティングは大変な人気を集めるが1835年に禁止。犬同士を闘わせる試みもなされたが定着せずブルドッグの人気は急落した。

それに伴ってブルドッグは絶滅の危機に瀕したが、愛好家により攻撃性の少ない犬と交配させつつ、ブルドッグ独特のその個性的な容姿は受け継がれるよう品種改良がなされ、番犬やペットにふさわしい犬となって、現在でも人気犬種となっている。

強面で不機嫌そうな表情とは裏腹に、性格は非常に温和で大人しい。飼い主家族に対しても忠実で陽気。基本的には他人に対しても友好的に接するが、頑固な面もあり他の犬に対して攻撃になる場合もまれにある。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 イギリス
犬のサイズ

体高 30~38cm
体重 23~27kg

被毛の色と特徴 ・白&赤、白&フォーン、白&ブリンドル。
容姿の特徴

・顔から胸にかけてのたるみで出来たしわが最大の特徴。
・筋肉質で重心が低めでどっしりと構えたような体格。肩幅は広め。
・胴体の割合に比べると頭部は大きめ。
・口吻(マズル)が短く鼻が低いので、体温調節がしにくくよだれやいびきが多い。そのため高温多湿の環境に大変弱い(JALは現在、ブルドッグ/フレンチブルドッグの、航空機への搭乗受け入れを中止している)。

しつけ・飼い方・育て方

・適度な運動は必要だが、長めの散歩や激しい運動を伴った遊びなどはさせない方が良い(特に温かい季節には注意が必要)。
・高温多湿の環境に弱いので、基本的には屋内飼いが向いている。
・被毛は、よだれが多い犬種なので顔のしわの間を拭いてあげるなど、清潔に保つように心がける。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・皮膚疾患
・鼻腔狹窄症
・乾性角結膜炎
・甲状腺機能障害
・水頭症
・腎臓機能不全
・尿酸尿石症
・脂漏性皮膚炎
・膝蓋骨脱臼

 

ブルドッグに関するQ&A・クチコミ

ブルドッグに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

★犬を褒めたのに叱られました!!!
本当の事を言ったら怒られました!!
ブルドッグではだめなのでしょうか?
日本人はなぜ洋犬が好きなのでしょう?
犬を処分したので新しい犬を飼おうと思っています。
犬を飼っていて面倒くさいな~と思うことはなんですか?
散歩中に人から何気なく言われてムッとしたり、カチンときてしまうことないですか?
日本人は流行りもの好き?
フレンチブルドッグがほしいのですが、高くて手が出せませ~ん。
犬の名前を考えています。