犬の図鑑原産国別フランス原産の犬の種類 >ビション・フリーゼとは

犬の名鑑

ビション・フリーゼ

犬名の由来は「ビション」は飾る、「フリーゼ」は巻き毛という意味から。その名の通り特徴はその巻き毛でふんわりとした純白の被毛。
その起源は古く、14世紀には既に存在していたとされ、地中海沿岸で「バルビー」と呼ばれていた大型のウォータードッグと、白い小型犬(マルチーズ等)を交配して誕生したと考えられている。

この掛け合わせを「ビション」系統とされた。 当時この系統はビション・マルチーズ、テネリフェ、ボロニーズハバニーズの4種類に分類されたが、その中でカナリア諸島のテネリフェ島に船乗りにより持ち込まれたとされている「テネリフェ」が後のビション・フリーゼとほぼ同じ犬種と言われている。
その後船乗りたちがイタリアへ持ち込み、上流階級の人々の間でペットとして人気を集めた。16世紀には、フランスに渡りヨーロッパ各地に人気が広まっていった。

第1次世界大戦により絶滅の危機に瀕したが、後にフランス人のブリーダーが救済に乗り出した。
その後、第2次世界大戦により再び存続の危機に見舞われるが、1950年代にアメリカに持ち込まれ、綿帽子のような大きな頭の「パウダーパフ」スタイルが開発されると、その斬新なスタイルから人気を集めるようになった。

性格は活発で陽気。動物や人間が大好きで人なつっこく、誰とでも友好的に接する事ができる。飼い主家族に大変忠実で愛情深く、しつけもしやすい。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 フランス
犬のサイズ

体高 24~29cm
体重 3~10kg

被毛の色と特徴
容姿の特徴

・白くふわふわとした特徴的な被毛は2層構造。下毛は絹糸のように柔らかく密集して生え、外毛は粗く巻き毛。
・体高よりも体長がやや長め。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が不可欠。短い散歩や屋内外で
ゲームなど遊びを取り入れた運動をさせると良い。
・屋内飼育が向いている。
・被毛は2日に1回程でブラッシングをし、2ヶ月に1度はトリミングが必要。

かかりやすい病気

・白内障
・皮膚疾患
・外耳炎
・膝蓋骨脱臼
・ストレス

 

ビション・フリーゼに関するQ&A・クチコミ

ビション・フリーゼに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

今、抜け毛と体臭が少ないペットを
犬を飼っている人に聞きたいです。 私のマンションはペット禁止ですが、アレルギーの方もいないので、周りの人に迷惑をかけなければOKと言われて …
今度、犬を家族の一員として受け入れる予定なのですが、中でもトイプードル、パピヨン、マルチーズ、
ビション・フリーゼを飼いたいのですが、ペットショップで見かけた事がありません。
小型犬の人気が上位に来る日本ですが、
子犬が食事を残します。
ドッグフードについて質問させてください。 もうすぐ4か月になるビション・フリーゼを飼っています。 ブリーダーさんから譲って頂いたのですが、 …
ペットのおやつについて悩んでいます。
犬のトイレについて
子犬(ビション・フリーゼ)の体調不良について