犬の名鑑

ハバニーズ

起源は、17世紀前半にスペイン人と共にキューバに渡ったラップ・ドッグが原種に改良され、現在のハバニーズと前身犬種が誕生した。その犬はキューバの特に上流階級の人々の間で人気を集め、ロシアやフランスなどに輸出されたが、輸出先の国で革命が起こり貴族の地位が没落するのに伴い絶滅の危機に瀕した。
しかしその後、生き残った犬たちはアメリカへと輸入され「プードル」をはじめとする小型のビション犬種と交配され、現在のハバニーズが誕生した。
その後はキューバの情勢が安定すると共にアメリカからハバニーズが送り返され、再びキューバでもブリーディングが進んでいった。

現在、アメリカやヨーロッパで人気が上昇しているが、原産国のキューバですらまだ希少価値の高い犬種で、アメリカで飼育数の方が多いと言われている。

性格は優しく知的で学習能力も高い。好奇心も旺盛で、飼い主家族など周囲を喜ばせ、関心を集める事を好む。他人や他の犬に対しても愛想が良い。しかし警戒心が強く、ムダ吠えをする犬もいる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 キューバ
犬のサイズ

体高 22~29cm
体重 3~6kg

被毛の色と特徴 ホワイト、ミルク、クリーム、ゴールド、シルバー、ブルー、ブラウン、ブラックの単色か、そのいずれかの2色の組み合わせなど。
容姿の特徴

・被毛は2層構造。柔らかく豊富な上毛と下毛のむく毛で覆われている。直毛から縮れ毛、巻き毛まで毛質のバリエーションは様々。
・口吻(マズル)と足は短く、耳は垂れ耳、尻尾は背中に背負った巻き尾で、耳と尻尾には飾り毛がある。

しつけ・飼い方・育て方

・軽い散歩など、運動量はそれほど多くなくて良い。
・被毛の手入れは、ブラッシングやコーミングなどを毎日行う必要がある。

かかりやすい病気

・膝蓋骨脱臼
・外耳炎
・白内障
・進行性網膜萎縮症
・関節疾患

 

ハバニーズに関するQ&A・クチコミ

ハバニーズに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

何が私の犬のために良い名前ですか?
ハバニーズというワンちゃんを飼いたいのですが、どこのペットショップに行けば会えますか?
アレルギー犬のドックフードについて