犬の図鑑原産国別ノルウェー原産の犬の種類 >ノルウェジアン・エルクハウンドとは

犬の名鑑

ノルウェジアン・エルクハウンド

北方系のスピッツ種。その起源は大変古く、原住民ノルマン人により8†10世紀頃より番犬やヘラジカの狩猟犬、牧畜犬など様々な作業をこなす犬として使役されてきた。
長きに渡り交配に取り組まれて来たが、正式に定義づけされたのは1800年代後半になってから。
その頃より原産地を中心に行われるドッグショーに出品されるようになり、その直後イギリスやアメリカに渡って人気を集めるようになった。
現在でもスカンジナビア半島では、ヘラジカの狩猟犬として飼育されている。
ノルウェーの国犬。

陽気な性格で飼い主家族には従順でなつきやすく、他人にも人懐こい。しかし、独立心や警戒心が強く、他の犬に対しては攻撃的になる場合もある。
繊細で注意力と観察力も兼ね備えているため、番犬に適している。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 ノルウェー
犬のサイズ

体高 50~52cm
体重 22~25kg

被毛の色と特徴 グレー&ブラック
容姿の特徴

・がっちりとした骨格に引き締まった体格。
・頭部は幅広い。
・立ち耳と、背中まで巻き込んだ尻尾が特徴。
・秋田犬を小型にしたような外観。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、長めの散歩やジョギング、またはゲームなどを取り入れた運動をさせると良い。
・温かい地域では屋外飼育も可能だが、飼い主とのコミュニケーションが必要な犬なので、屋内飼育が向いている。
・通常は週2回程のブラッシングで十分だが、換毛期には毎日のブラッシングが必要となる。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・膿皮症
・皮膚疾患
・進行性網膜萎縮症

 

ノルウェジアン・エルクハウンドに関するQ&A・クチコミ

ノルウェジアン・エルクハウンドに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

犬を飼おうと思っています。