犬の図鑑原産国別ドイツ原産の犬の種類 >ドーベルマンとは

犬の名鑑

ドーベルマン

別称で「ドーベルマン・ピンシャー」「ドーベルマン・ピンシェル」とも呼ばれる。
19世紀末頃、警備犬や労働犬を作る目的で、ドイツのルイス・ドーベルマンにより、ジャーマン・シェパード・ドッグジャーマン・ピンシャーロットワイラーグレイハウンドマンチェスター・テリアワイマラナーなどとの交配で誕生した。

その後も品質改良がなされ、現在のような筋肉の引き締まった体型の犬となり人気を集めていった。1900年代初頭初めてアメリカに渡った。

大変賢く厳しい訓練に耐えられる力強い犬種として、全世界で注目される様になり、現在では番犬としてはもちろんのこと、警察犬、軍用犬、麻薬捜査犬、盲導犬等として仕事をしている。また、そのたたずまいでショードッグとしても多く出品されている。

飼い主家族には忠実で、家族を警護する能力に優れた愛情深い家庭犬。
学習能力にも優れている。しかし他人に対しては警戒心が強く、攻撃的になる場合もある。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 ドイツ
犬のサイズ

体高 61~72cm
体重 29~45kg

被毛の色と特徴 ブラック、ブラウン、チョコレート、ブルー、フォーンを地に、目、口吻(マズル)、胸、足の先に茶褐色のマーキングがある。まれに白のドーベルマンも存在する。
容姿の特徴

・全体的に筋肉質で、がっちりとした体型。
・被毛は短く硬めで滑らか。
・基本的に耳は垂れ耳だが、切断し立ち耳に尖らせる場合もある。
・尻尾は細い。断尾される事もある。
・前足の狼指も切除している場合がある。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、長めの散歩や、できるだけ足場の安全な場所でゲームなど遊びを取り入れた運動をさせると良い。
・温かい地域では屋外飼育も可能だが、できれば屋内飼育が向いている。
・被毛は、時々ブラッシングをしたり、ムダ毛を取り除いてあげると良い。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・胃捻転
・皮膚疾患
・甲状腺機能亢進症
・肥大性心筋症

 

ドーベルマンに関するQ&A・クチコミ

ドーベルマンに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

大型犬についてどう思いますか?
犬を飼いたいのですが・・・
いくら犬好きさんでも、ノーリードのドーベルマンや土佐犬がいたら怖いですか?
犬好きな人の、犬嫌いな人に対する意見っておかしくないですか?
妻の闘犬種・ドーベルマン・シェパへの固定概念について
犬を飼いたいのですが、私の環境で飼えますでしょうか?
世界で一番、凶暴で強い犬は何ですか?やっぱりドーベルマンですか?
室内?屋外?
公園での犬のノーリードについて
【愛犬家の主張】私は動物虐待していますか?