犬の図鑑原産国別オーストラリア原産の犬の種類 >テンターフィールド・テリアとは

犬の名鑑

テンターフィールド・テリア

原産地オーストラリア以外ではほとんど知られる事がない希少な犬種。原種の誕生はオーストラリア入植開始頃からだとされ、現在のフォックス・テリアタイプ犬種の原種に、イングリッシュ・ラット・テリア、スムース・フォックス・テリアジャック・ラッセル・テリア、トイ・フォックス・テリア、ウィペットミニチュア・ピンシャーチワワなどの犬種を交配させ、長い期間をかけ品種改良し誕生したとされる。

主に食料を保管する倉庫などでのネズミの害獣駆除や番犬などとして使役されていた。
現在、正式な犬種クラブがあり、純血統の統一や犬種推薦の活動などが盛んに行なわれている。飼育はほとんどが狩猟犬としてであり、ペットやショードッグはあまり存在しない。

性格は陽気で活発ないわゆる「テリア・キャラクター」。気性の荒い面も持つが、しつけはしやすく状況判断力にも優れている。身体能力も高く、ドッグスポーツにも向いている。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 オーストラリア
犬のサイズ

体高 約27cm
体重 約10kg

被毛の色と特徴 白地に黒と茶褐色のマーキングが入ったトライカラー。
容姿の特徴

・体は引き締まっており小柄でコンパクト。胸部は深い。背中はウイペットの血統の影響で血により流線型を描く。
・頭はチワワのようなアップルヘッド。
・目は大きく、耳はボタン耳の立ち耳か半立ち耳。
・尻尾は飾り毛が無く垂れているが、害獣駆除の邪魔にならないように、あるいは噛まれて感染症などを起こさないように基本的には断尾する。
・被毛はスムースコート。

しつけ・飼い方・育て方

・かなりの運動量が必要となるので、長めの散歩や走り回るなどの十分な運動をさせると良い。
・原産地オーストラリアの気候に合うように育成されてきた犬種であるため、暑さに強く寒さに弱いので、寒い時期の散歩には衣服を着用させる必要がある。

かかりやすい病気

 

テンターフィールド・テリアに関するQ&A・クチコミ

テンターフィールド・テリアに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

見つかりませんでした