犬の図鑑原産国別アメリカ原産の犬の種類 >チェサピーク・ベイ・リトリバーとは

犬の名鑑

チェサピーク・ベイ・リトリバー

1807年、アメリカのメリーランド州チェサピーク沖で難破した英国船が、アメリカ船により救助された際、英国船にニューファンドランドの子犬が2頭乗船しており、救助の御礼としてアメリカ側に贈られ、その後地元のレトリーバーなど数種類の犬種と交配して誕生した犬種だと伝えられている。

主に、このチェサピーク湾で鳥類の回収作業などを主に水中で行うようになっていった。

丈夫な体格に恵まれたチェサピーク・ベイ・レトリーバーは泳ぐことが大好きです。獲物を回収する際も、氷で覆われた水面に自分から喜んで飛び込んでいきます。その姿からは、過酷な任務に耐えて作業をこなすといったイメージなど微塵も感じさせません。

基本的には大変穏やかで冷静沈着。屋内などでは静かに過ごす事が多い。非常に活動的な面も持ち、賢く黙々と仕事をこなす。性格は社交的で優しい。飼い主家族に対する忠誠心や護衛の姿勢が強い。そのせいもあり他人や犬に対しては警戒心が強く、攻撃的になる場合も。独立心も旺盛で単独行動をしたがる犬もいる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 アメリカ
犬のサイズ

体高 53~66cm
体重 25~36kg

被毛の色と特徴 濃い茶色など
容姿の特徴

・体高より体長がやや長い。
・水中での狩猟犬だった性質で、被毛は高い防水効果がある。上毛は粗めで油分を多く含んでおり、下毛は羊毛のように密集して生えている。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、長めの散歩や泳がせたりすると良い。
・温かい地域では屋外飼育は可能だが、飼い主とのコミュニケーションを求める犬なので、共に過ごす時間を確保すると良い。
・被毛は、週1回程のブラッシングを行うと良い。濡れにくい被毛の性質のため、あまり頻繁に洗うと弾水性のある被毛の油分が抜けてしまうことがある。そのため、あまり被毛の手入れを入念にする必要はない。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・胃捻転
・進行性網膜萎縮症
・眼瞼内反症

 

チェサピーク・ベイ・リトリバーに関するQ&A・クチコミ

チェサピーク・ベイ・リトリバーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

見つかりませんでした