犬の図鑑原産国別ドイツ原産の犬の種類 >スタンダード・シュナウザー とは

犬の名鑑

スタンダード・シュナウザー

3種類に分けられるシュナウザーの中で、オリジナルのシュナウザーであるため、単にシュナウザーとも呼ばれる。

その起源は14世紀頃。ワイアーコートのピンシャー犬種から作られた。ジャーマン・ピンシャーは兄弟犬種に当たる。
元々はネズミ駆除を専門に行っていたが、牛を市場まで連れて行く牧牛犬や、農場の番犬としても使役されていた。

世界的にその名を知られるようになったのは1879年。この年初めてドッグショーに登場し、個性的なその容姿で注目を浴びた。
実は、この時までこの犬種の名は「ワイアーヘアード・ピンシャー」だったが、ドッグショーに出場したペットの名前がたまたまシュナウザーであったことから、その名で広く知られる事となり、犬種名として定着していった。

その後、この犬種を小型化しミニチュア・シュナウザーが、大型化しジャイアント・シュナウザーが誕生した。

性格は飼い主家族に対しては大変忠実で、優しく落ち着きがある。賢いのでしつけもしやすい。しかし少々頑固でプライドが高く警戒心が強い部分もあるため、他人や他の犬には距離感を持って接する。状況判断力が高く、来客の良し悪しを見抜くのも得意。吠え方を区別する事も出来るとされる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 ドイツ
犬のサイズ

体高 44~50cm
体重 23~25kg

被毛の色と特徴 グリズル、黒胡麻色、黒。
容姿の特徴

・口や顎、頬に生える個性的なひげと眉毛が特徴。
・脚と首は長く、筋肉質の体は丈夫でがっしりと引き締まっている。
・耳はボタン耳で断耳して立たせる場合が多い。
・尻尾は通常長い垂れ尾だが、短く断尾する場合がある。
・被毛は、針金のように粗くて硬くい上毛と、柔らかな下毛との2層構造。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、長めの散歩や、できるだけ足場の安全な場所でゲームなど遊びを取り入れた運動をさせると良い。
・温かい地域では屋外飼育も可能だが、屋内と屋外でバランスよく過ごせる環境を整えてあげると良い。
・被毛は、週2回のコーミングと、3ヶ月に1回ほどのトリミングが必要。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・皮膚疾患
・眼疾患

 

スタンダード・シュナウザー に関するQ&A・クチコミ

スタンダード・シュナウザー に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

みなさんの 好きな犬種 嫌いな犬種はなんですか?
しつけということで、他人にうちのいぬを叩かれました。
トリマーさんへ質問です♪
犬の多頭飼いについて
知恵袋面白いね有名おばさん蹴落として当方が犬マスターになってみせます
スタンダードシュナウザーについての質問です。オスのスタンダードシュナウザーを購入するのに、相場はいくらぐらいなのでしょうか?
ちょっと長文です。よく街中で見かける犬について質問です。
ミニシュナって小型の中では異様にゴツくないですか?
シュナウザーのブリーダーかつペットショップについてお伺いします。シュナウザーを飼うことを検討していますが、初めてなのでどこで購入したらよいも …
海外からの保護犬希望者