犬の図鑑原産国別ドイツ原産の犬の種類 >ジャーマン・ショートヘアード・ポインターとは

犬の名鑑

ジャーマン・ショートヘアード・ポインター

19世紀中期、ドイツのハンターにより改良。持久力と粘り強さを持ち合わせ、なおかつ俊足で回収作業をこなす優秀なポインター犬種を作る目的で、「ジャーマン・ブロークンヘアード・ポインター」に「スパニッシュ・ポインター」などを交配させて誕生した。

狩猟犬としてだけでなく、ドッグショーとしての需要もあったため、1900年代頃より世界的に人気が高まった。

一時期はドッグショーに出品させるため過度に改造されてしまい、質の低下が災いして人気が低迷。しかし幸いな事に狩猟犬の方は人気と質を維持していたため、ドッグショー犬の血統を回復させるのに役立てた。その結果ドッグショー犬の犬質は改善。もとの品質を取り戻すことが出来た。

現在も世界的に人気が高く、その多くは狩猟犬として飼育されている。

性格は明るく温厚である。しつけもしやすい。体力があり、体を動かしたり水泳が得意。狩猟本能が高く、嗅覚も優れているので何か探して拾ってくる事もある。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 ドイツ
犬のサイズ

体高 53~66cm
体重 20~34kg

被毛の色と特徴 レバー単色、レバー単色にホワイトの斑点、レバーのローン地に、レバー斑点が入ったものの3パターン。
容姿の特徴

・口吻(マズル)、足、胴、尻尾が長く、スリムで引き締まった体つき。ドッグショータイプより、狩猟タイプの方が少し筋肉質である。
・俊足が特徴。
・嗅覚に優れている。
・目は小さく耳は垂れ耳。
・尻尾は先細りの飾り毛が無く垂れている。断尾される事もある。

しつけ・飼い方・育て方

・活動的な性質なので、日頃からかなりの運動量を必要とする。最低1時間以上は遊ばせるようにし、知的な運動を取り入れたり、水泳が得意なので水中での遊びなどをさせると良い。
・温かい地域では屋外飼育も可能だが、飼い主とのコミュニケーションが必要な犬なので、屋内と屋外を自由に行き来できるような環境を整えてあげると良い。
・被毛の手入れは、時々のブラッシングで十分。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・胃捻転
・心臓疾患
・がん
・リンパ浮腫
・眼瞼内反症/外反症
・進行性網膜萎縮症

 

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターに関するQ&A・クチコミ

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

犬の全種類を網羅した本に書かれていましたけど、グレート・デーンとドーベルマンなどは断耳、
現在、ジャーマン ショートヘアード ポインター(レバー単色)のメスを飼っています。