犬の図鑑原産国別アイルランド原産の犬の種類 >ケリー・ブルー・テリアとは

犬の名鑑

ケリー・ブルー・テリア

アイルランドのケリー州原産のテリア犬種。アイルランドの正式な国犬に指定されている。
そのはっきりとした起源は分かっていないが、「アイリッシュ・テリア」や「ロズベリー・テリア」などを交配し18世紀頃に誕生。後に「ベドリントン・テリア」も掛け合わされ改良されていったと考えられている。


主にネズミやカワウソなどの小動物を地中で捕獲したり、番犬や護畜犬としても使役されていた。
19世紀にはショードッグにもなり、美しいブルーの被毛が注目され人気の犬種となっていった。一時はアイルランドで最も高い人気を誇っていたが、気性の荒さから不評となり、さらに第二次世界大戦などでその数は激減した。戦後は、性格面を含めた品種改良が行われ、少しずつ人気が回復していった。しかしアイルランド以外の国ではあまり飼育されていないのが現状である。

作業犬、狩猟犬の本能から性格はやや勇猛で気性が荒いとされ、独立心も強く、時々頑固な面も見られる。しかし、飼い主には大変忠実で、一旦身内だと分かると友好的に接したり防衛本能を発揮する。活動的に走り回ったり何かを追いかける事を好むが、屋内では大変マナーが良く大人しく振るまう。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 アイルランド
犬のサイズ

体高 45~50cm
体重 15~18kg

被毛の色と特徴 出生から1年未満では黒で、それ以降はブルーグレーになるのが一般的。
容姿の特徴

・背中が短く足が長い。骨格と筋肉がしっかりしておりがっしりとした体格。
・被毛は柔らかで密集して生えウェーブがかかっている。色は独特のブルーグレー。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の運動が必要となるので、長めの散歩や、できるだけ足場の安全な場所で、ゲームなどを取り入れた知的な運動をさせると良い。
・温かい地域では屋外飼育も可能だが、屋内と屋外を自由に行き来できるような環境を整えてあげると良い。
・被毛は、週に2回程のコーミングに加え、月1回程はさみでトリミングをしてあげると良い。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・白内障
・進行性神経疾患
・眼瞼内反症
・二重睫毛

 

ケリー・ブルー・テリアに関するQ&A・クチコミ

ケリー・ブルー・テリアに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

柴犬のブリーディング。
・ゴールデンを飼いたいのですが...
今日、見かけた犬の犬種が気になってます。
ちょっと長文です。よく街中で見かける犬について質問です。
ウェルシュテリアかケリーブルーテリアを外飼いしたいのですが、大丈夫なのか心配です。真冬はゲージに入れて玄関へ置けます。 アドバイスをお願いし …
うちには、ケリーブルーテリアの犬がいます。←かんけーないかも
個体差はあると思いますが、北海道犬、ヨーロッパ系ドーベルマン、ブルテリア、ケリーブルーテリアでは強さの順位をつけるとどうなりますか。