犬の名鑑

クバース

12世紀頃にトルコからハンガリーに渡ったとされる羊飼いが作った「アクバシュ」という犬が原種。その後改良されて出来た犬種である。
犬名は「貴族の守護」という意味のトルコ語から派生したと考えられる。
その名の通り古くより王族や貴族に飼育され、オオカミやクマなどから家畜や農園を守るため使役されていた。被毛の白色は、夜間でもはっきりと見えるためと、誤射されないようにするために品質改良で固定されて出来た。

17世紀頃になると羊飼いだけでなく一般の人もクバースを警護犬として飼うようになり、国内外に知られるようになった。その後輸出されるようになったが、2度の世界大戦によりその頭数は激減。しかし、動物愛護団体などにより保護が進み頭数を回復することが出来た。

優しい表情を持つ反面、優秀な警備犬として働いていた名残で性格はとても勇敢。護衛の本能で飼い主家族に対しては忠誠心をみせ、特に小さな子供に対して友好的に接する。反面、見知らぬ他人に対しては警戒心を持つ場合もある。中には支配的な態度でリーダーシップを取りたがる犬もいる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 ハンガリー
犬のサイズ

体高 66~76cm
体重 32~52kg

被毛の色と特徴
容姿の特徴

・体高より体長がわずかに長い。とはいえ程よい骨格でずんぐり感もなく、軽いフットワークで軽やかに歩き動作も機敏。
・被毛は比較的粗めで、直毛、またはウェーブがかかっており、2層構造になっている。

しつけ・飼い方・育て方

・長めの散歩をしたり、安全な場所で存分に走らせたりするなど毎日の十分な運動が必要。
・寒い気候を好む傾向があるので、涼しい地域では屋外飼育も可能。屋外と屋内とを自由に行き来できるような環境を整えてあげるのも良い。
・被毛は週に1~2回ブラッシングをし、換毛期にはこまめにブラッシングをしてあげると良い。

かかりやすい病気

・股関節形成不全

 

クバースに関するQ&A・クチコミ

クバースに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

見つかりませんでした