犬の図鑑原産国別イギリス原産の犬の種類 >クランバー・スパニエルとは

犬の名鑑

クランバー・スパニエル

フランス、またはイギリス原産のスパニエル犬種の1つ。明確な事は判っていないが、「アルパイン・スパニエル」や「バセット・ハウンド」がその起源と考えられている。1770年の初頭まではフランスで主に繁殖が行われていた。しかしフランス革命の影響を逃れる為、愛好家達がイギリスのクランバー公園へ犬を避難させ、そこで保護や改良など本格的な繁殖が行われるようになった。犬種名はその公園の名前から付けられた。その後、エドワード7世やジョージ5世に飼われた事により、イギリスでの地位も上がったとされる。主に上流階級の人々の狩りの際、鳥を探して飛び立たせる「フラッシング・ドッグ」の役割を担った。

20世紀になるとショードッグとして改良が繰り返され、健康的な被害を受けるようになり人気が低迷。更に第二次世界大戦により絶滅の危機にも瀕した。しかし戦後は回復が進み、体質改善もなされた結果、健康被害が出にくい犬に変化していった。とはいえ、現在でもその頭数自体は少なく知名度は低い。ゆえに希少価値の高い犬種である。

性格は優しく穏やかでマイペース。攻撃的な面がほとんどないとされる。飼い主に忠実で献身的。他の犬に対しても友好的だが、あまり積極的に関わりを持とうとはしない。猟犬としての習性は現在も受け継がれている。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 イギリス
犬のサイズ

体高 43~51cm
体重 25~39kg

被毛の色と特徴 白またはミルク色。耳や口吻(マズル)の周辺などに黄色や茶色の斑点が入る場合も。
容姿の特徴

・体高より体長が長い胴長短足。頭部は大きく首も短く太い。全体的に重心の低いずんぐりとした長方形の体型とがっしりした骨格。また、茂みの中を身体を低くして動き回りやすくするため、幅広い胸と頑丈な臀部になっている。
・口吻(マズル)の長さは短め。
・耳は垂れ耳。
・尻尾は飾り毛のある垂れ尾だが、断尾して短くする場合もある。
・被毛はウエーブがかったロングコート。絹糸のように柔らかく密集してまっすぐはえ、猟の際に外部から体を保護する役目を担っている。
・よだれをたらしたり、いびきをかいたりするタイプの犬もいる。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日の長めの散歩や、時間をかけたウォーキングを取り入れると良い。
・週2~3回程のブラッシングを心がける。しかし、白い被毛の部分があるので汚れが目立つ場合は頻繁に手入れをし、被毛の白さを保つように心がける。
・肥満体質なので食事には気を配る必要がある。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・眼瞼内反症/外反症
・椎間板ヘルニア
・脂漏性皮膚炎
・外耳炎
・口蓋裂
・軟口蓋過長症
・てんかん

 

クランバー・スパニエルに関するQ&A・クチコミ

クランバー・スパニエルに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

ちょっと長文です。よく街中で見かける犬について質問です。
犬(クランバースパニエル)が引張りっこ用のロープをちぎって食べてしまいました。5cmほどです。
かなり長文です。よく街中で見かける犬について質問です。
数年後に家を建てましたら犬を飼いたいと思います。クランバースパニエルか英国ゴールデンレトリバーかで迷っています。
2012年英国ケネルクラブのドッグショーで健康上問題があるとされた犬が数多く失格となったことに関して、国内の血統ではどうなんでしょうか
至急お願いします!!