犬の名鑑

キースホンド

キースホンドは、オランダ原産の北方系犬種。 被毛は2層になっておりふくよかでその毛色が狼の被毛のような色をしている事から「ウルフ・スピッツ」とも呼ばれ、大型のヨーロッパ・スピッツ犬種のひとつに数えられている。

その起源は明確ではないが、14世紀頃の北極かスカンジナビア半島で誕生したと考えられている。その後、18世紀頃のオランダでは、運河を航行する船の番犬や、害獣を駆除するため狩猟犬などとして飼われていた。

18世紀のオランダ内戦の際は、当時愛国党の党首が飼っていた事から、キースホンドは愛国党のシンボル的な存在となる。キースホンドという名前も、当時の党首キース・ド・ギズラーにちなんだもの。一時飼育数が激減したが、1920年以降、バン・ハルデンブルック男爵夫人の尽力のおかげで頭数が回復。再び注目を集めた。現在では原産国オランダで国犬となっている。

キースホンドは、大変愛情深く人なつこい性格で友好的。活動的で好奇心旺盛な犬だが、屋内ではのんびりとくつろいで過ごす事も多い。また、非常に注意深い面も持っているため番犬としても適している。感受性が強いので、学習能力も高くしつけもしやすい。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 オランダ
犬のサイズ

体高 41~48cm
体重 16~20kg

被毛の色と特徴 上毛は黒、下毛は薄いグレーかクリーム色
容姿の特徴

・まっすぐ伸びた硬い上毛は、体の表面から直立するように生えている。
ふくよかなたてがみのような上毛と、厚い綿毛のような下毛の2層構造で、寒さや湿気からしっかりと体を保護する役割を担っている。
・横から見ると正方形に近い体格をしている。

しつけ・飼い方・育て方

・活動的な犬種なので、十分な運動をさせることが必要となる。散歩や、十分に身体を動かせる運動などを取り入れると良い。
・温かい地方や涼しい地域では屋外飼育は可能だが、飼い主とのコミュニケーションを求める犬なので、なるべく屋内で飼い主とともに過ごさせる方が好ましい。
・被毛は、週に1~2回はブラッシングをし、2日に1回程度はむだ毛取りをしてあげるとよい。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・てんかん
・皮膚疾患
・僧帽弁閉鎖不全
・腎皮質形成不全

 

キースホンドに関するQ&A・クチコミ

キースホンドに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

あなたの町のショップにも大型犬って売ってますか?
おすすめの小型犬はなんですか?
この犬は何の犬種でしょうか?
犬を飼うことを想像してみたいので(今すぐ飼えないので(;一_一)>)質問します。
この犬の中ですべてのこと含んで一番飼いやすいのはどの犬種だと思いますか?
キースホンドという犬は実在しますか?
ちょっと長文です。よく街中で見かける犬について質問です。
希少犬の種類を教えて下さい!!
キースホンド(中型犬)を1DKのおうちでも飼うことができますか?
キースホンドはどこで探せますか?