犬の名鑑

紀州犬

和歌山県原産の日本犬のひとつ。祖先は紀元前からいた土着の中型犬と考えられている。昭和9年(1934年)、国の天然記念物に指定された。

現在の和歌山県から三重県の熊野地方にあたる「紀伊国」の山岳部で、イノシシやシカの狩猟などをしてていた土着犬を品種固定した犬。現在も近畿地方南部を中心にペットとして多く飼育されている。家庭犬としての適性は高く、日本犬の中では柴犬に次いで多く飼育されている事が分かっている。

狩猟においては1頭のイノシシを倒すほどの勇猛で忍耐強い事で知られるが、本来の性格は大変穏やかで無駄吠えも少ない。
飼い主に対する忠誠心にあふれているが、その反面他人に対する警戒心は強いため、番犬としても向いている。遺伝性の病気にはかかりにくいとされる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 日本
犬のサイズ

体高 46~55cm
体重 15~23kg

被毛の色と特徴 白、虎毛、胡麻毛
容姿の特徴

・筋肉質の顎、すっきりと鼻筋の通った顔にぴんとたった三角耳が特徴。
・四肢と体はがっちりした筋肉質で、頭部がやや大きい。
・尻尾はオオカミのような差し尾が多い。
・細い三角目で色は褐色。
・被毛は短く密集したシングルコート。

しつけ・飼い方・育て方

・体は非常に丈夫で、手入れもしやすいので家庭犬としては飼育がしやすい。
・山地での激しい狩猟犬の本能から、十分な運動量が要求されるため、飼育環境は一軒家や農村地帯が適している。

かかりやすい病気

・心臓疾患

 

紀州犬に関するQ&A・クチコミ

紀州犬に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

見つかりませんでした