犬の図鑑原産国別イギリス原産の犬の種類 >オッター・ハウンドとは

犬の名鑑

オッター・ハウンド

イギリス原産のセントハウンド犬種のひとつ。
オッターハウンドの原種は、12世紀の後半ごろに誕生したとされる古い犬種「オッタードッグ」に由来する。オッタードッグはもともとテリア犬種の特徴が強めに出ていた犬種であったが、改良過程でセントハウンド犬種の血が多く導入されて犬種として確立され、13世紀ごろオッターハウンドが完成した。
オッターハウンドの「オッター」とは、「カワウソ」という意味で、その名の通りカワウソの狩猟のために使役され、古くより一般市民からイギリス王族まで幅広く好まれていた。

しかしイングランドでの川の汚染による環境破壊や乱獲などからカワウソの数が激減してしまい、カワウソは1979年に保護動物に指定された。
このためカワウソ猟をすることが出来なくなり、それに伴いオッターハウンドの数も激減、絶滅の危機に陥った。
しかし、その後愛好家の手によって頭数が回復、ペットやショードッグ、アメリカでは猟犬として飼育されるなど人気を取り戻した。

攻撃性を見せるのはカワウソ猟の時のみで、普段は優しい性格でとても愛情深く人になつきやすい。水場の猟での本能から泳ぎは抜群で、数時間は泳ぎ続けることができ、水があれば恐れず飛び込んでいく習性がある。また嗅覚も特に優れている。長くて太い声で吠えるのが特徴。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 イギリス
犬のサイズ

体高 58~69cm
体重 29~52kg

被毛の色と特徴 毛色はブラック・アンド・タン、ウィートン(小麦色)など。
容姿の特徴

・体格はややがっちり型。
・四肢は太めで長く、指には水かきが付いている。
・口吻(マズル)は中ぐらいの長さ。
・耳は縦に曲がった独特の形の垂れ耳。
・尻尾は垂れている。
・被毛は厚いロングコートで、防寒性と発水性に優れている。
・眉毛と口髭があり、ふさふさしている。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日足場のよい安全な場所で自由に走らせたり、リードをつけて散歩をさせたりといった多めの運動が必要とされる。 本来水辺での狩をしていた犬種なので、時には泳がせてあげると良い。
・被毛は、週に1回程のブラッシングとコーミングをしてあげると良い。
また被毛の量が多いため、身体、特に足などにはごみや泥がつきやすくく、口のまわりもエサなどが残りやすい。そのため気になる部分はこまめに洗ってあげると良い。
・温かい地域や涼しい地域では屋外飼いもできますが、その場合には雨風がしっかりしのげる寝床を準備してあげると良い。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・眼の疾患
・皮膚疾患
・胃捻転

 

オッター・ハウンドに関するQ&A・クチコミ

オッター・ハウンドに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

ちょっと長文です。よく街中で見かける犬について質問です。
かなり長文です。よく街中で見かける犬について質問です。