犬の図鑑原産国別イギリス原産の犬の種類 >ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルとは

犬の名鑑

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの起源には諸説あり、現在も議論されているところでもある。
約1300年頃のウェールズ地方の法令に、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルと思われる犬に関する記述があるが、これが現在のウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの祖先なのかどうかは良く分かっていない。また、この犬種がイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと同時期に発展していったとする説や、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルクランバー・スパニエルとの交配から発達していったという説も存在する。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルがひとつの犬種として登場する以前から、ウェールズには猟犬として仕事をしていたランド・スパニエルが存在していたが、おそらくその頃のスパニエルたちはそれほど均一化されていなかったと考えられる。

イギリスでドッグショーが行われ始めた頃は、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは、被毛の色以外に大きな違いがなかったこともあり、同じ犬種として扱われていた。その後、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルのほうが注目され、後にアメリカに渡るがアメリカではそれほど人気は定着しなかった。
しかし、その後再びイギリスからこの犬種が輸入されると愛好家が徐々に増え、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは現在、ドッグショーやフィールド競技などで活躍しアメリカでも安定した人気を得ている。

性格は、常に穏やか。優しい表情で落ち着いた雰囲気を持っている。飼い主家族には忠誠心を表すが、基本的には独立心が強く、外部の人にはなつきにくく怯えてしまう犬もいる。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 イギリス
犬のサイズ

体高 43~48cm
体重 16~20kg

被毛の色と特徴 レッド&ホワイト
容姿の特徴

・体高より体長がやや長く、がっしりした筋肉質の体型で均整のとれた外観。
・足取りは力強く、地面をしっかりと踏みしめながら歩くのが特徴。
・被毛は狩りの際にで邪魔にならない適度な長さで、気候や外部からの刺激から身体を保護できるよう体に沿ってまっすぐに生えている。

しつけ・飼い方・育て方

・毎日十分な運動をさせる必要がある。長めの散歩や、広場で走り回らせるなど活発な遊びなどを取り入れると良い。
・室内飼いで家族と共に過ごさせるほうが適しているが、温かい寝床を用意するなどの工夫をすれば屋外飼いも可能。
・週に1~2回程度のブラッシングをし、時々トリミングをしてあげると良い。

かかりやすい病気

・緑内障
・外耳炎
・白内障
・股関節形成不全
・てんかん

 

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルに関するQ&A・クチコミ

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

ちょっと長文です。よく街中で見かける犬について質問です。
このたび我が家に犬を迎え入れようと検討中のものです。
かなり長文です。よく街中で見かける犬について質問です。