犬の図鑑原産国別イギリス原産の犬の種類 >イングリッシュ・コッカー・スパニエルとは

犬の名鑑

イングリッシュ・コッカー・スパニエル

10世紀以前にイギリスに渡来したスペイン産のスパニエルを先祖とし、その後ウェールズ地方で現在の犬種が発展していったとされる。
元々、猟犬や番犬として鳥などの獲物を追い払ったり、回収する作業をするために作られたランド・スパニエルから枝分かれしていった犬種と考えられている。特に猟犬としての作業をしていた小型のスパニエルがコッカー・スパニエルの先祖と考えられる。

またアメリカン・コッカー・スパニエルの先祖犬にあたり、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは近縁種である。この事からもスパニエル系は、数ある犬種のなかで最も特殊化していったグループという位置づけがなされている。

猟犬の本能から好奇心が強く追跡能力が高い。性格は陽気で活発。飼い主に忠実で愛情深く、しつけもしやすい事から家庭犬としても多く飼われている。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  
原産国 イギリス
犬のサイズ

体高 38~41cm
体重 12~14kg

被毛の色と特徴 ホワイト、グレー、ブラウンなど様々。
容姿の特徴

・体高が体長よりわずかに高い頑丈なスポーティング・ドッグ。全体のバランスがよくコンパクト。
・頭部がとがっていて、獲物をくわえて運びやすいように口先が幅広い。
・耳は長く垂れている。
・意欲的に狩りを行っている時は、左右に尾を動かす事がある。
・歩行は力強い足取り。
・被毛は短めの巻き毛で絹のように柔らかい。ストレート、またはウェーブがかかっている場合もある。飾り毛は猟の邪魔にならない程度の長さで、身体を保護する役割を果たしている。

しつけ・飼い方・育て方

・猟犬としての性質が残っているため、十分な運動量が必要。長めの散歩や、野原や庭などでの運動を毎日行う事が必要。
・基本的には屋内飼いが向いている。運動や遊びの時に屋外に出すと良い。
・ブラッシングは週に2~3回程度でOK。
・2ヶ月に1回程度で頭部、耳、足、尾の辺りをカットしてあげると良い。
・垂れ耳のため外耳炎にかかりやすい犬種なので、耳の中は常に清潔に保つよう、週1程度のこまめなお手入れが必要。

かかりやすい病気

・股関節形成不全
・白内障
・外耳炎
・進行性網膜萎縮症
・アトピー性皮膚炎

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルに関するQ&A・クチコミ

イングリッシュ・コッカー・スパニエルに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。
また、下記の情報はリアルタイム情報ではありません。かならずクチコミ「投稿日」をご確認下さい。特に時事性の強いイベント情報などについてはご注意下さい。クチコミ情報は当サイトの管理者が確認をしておりません。情報ご利用についてはユーザー様の自己責任でお願いいたします。

見つかりませんでした